AbetomoWorks

保次郎一家の移民生活


写真について
当サイトで公開している写真の無断使用・転載・加工を禁止します。

ハワイ時代

保次郎19歳
1901年頃 保次郎19歳

 曾祖父は、ハワイが米国に併合された1898年(明治31年)に16歳でハワイへ渡りました。

 ハワイへの移民はすでに1885年から始まっていました。労働力不足のハワイ王国からの依頼で、ハワイ政府と日本政府との間に条約が結ばれ、日本からハワイへ移民を送り出すことになったのです。

 日本人移民たちはサトウキビ畑で働いたのですが、曾祖父もまたその一人であったようです。ちなみに、曾祖父がハワイへ行く前にハワイ王国は消滅しており、移民事業は日本政府ではなく移民会社が行うようになっていました。

 曾祖父がハワイへ行くことになったいきさつは定かではありませんが、4人姉弟の末っ子であり、家は長兄が継いだため、働き口を求めての移住だったのではないかと思います。次兄も一緒にハワイへ渡っています。

 ハワイで何年か働いたのち、曾祖父は1906年に米国本土へ移住しました。翌年の1907年には、日本人がハワイから米国本土へ渡ることは禁止されたので、曾祖父は運が良かったのかもしれません。

参考文献:高木真理子著 『日系アメリカ人の日本観 多文化社会ハワイから』 淡交社 1992年

Copyright (C) 2000-2009 Abetomo All Rights Reserved.