AbetomoWorks

保次郎一家の移民生活


写真について
当サイトで公開している写真の無断使用・転載・加工を禁止します。

写真結婚

 日系移民一世の多くは単身で渡米した男性だったため、在米の日本人女性はほとんどいなかった。しかし彼らが家庭を持ちたいと思っても、当時は白人や日本人以外の人種と結婚することは考えられなかった(白人との結婚は、法律で禁じられていた)。そこで、日系一世が結婚するためには日本から女性を連れて来るしかなかった。

 経済的な余裕がある者は、日本に帰り妻をみつけて結婚し、同伴で再渡米する「迎妻帰国」という方法をとることができた。

 しかし多くの者は、長期間仕事を休んで帰国したり日米間を往復したりする余裕はなかった。また、日本での滞在が長びくと徴兵に引っかかる恐れもあった。さらに1908(明治41)年の「紳士協約」によって、日本から呼び寄せる家族以外の渡米は認められなくなっていた。

 こうした事情から「写真結婚」という方法が考え出された。「紳士協約」でも、妻帯者が日本から妻子を呼び寄せることは認めていたことを利用したのだ。

 つまり、本人は米国にいながら故郷の親戚などを仲介に縁談相手と写真を交換(お見合 い)し、結婚が決まったら日本で籍を入れ、在米の夫の「呼び寄せ」という形で妻を単身渡米させるのである。一度も会うことがなくても日本の戸籍上は れっきとした「妻」であり、こうしてやってきた妻たちは「写真花嫁」 (picture bride)と呼ばれていた。

 米国側はこのような結婚を代理結婚とみなし、正式のものとは認めていなかった。日本では昔からお見合い結婚や親同士が決めた結婚というのがあり、当時の日本の習慣からすれば「写真結婚」もそれほど不思議なことではなかったが、アメリカ人には非常に野蛮なことに見えたらしい。

 米国の習慣上、式を挙げていない夫婦を正式に結婚しているとは認めないので、「写真花嫁」の上陸は簡単にはいかず、届け出や許可が必要だった。

 写真花嫁上陸の様子が鶴谷寿著『アメリカ西部開拓と日本人』(NHKブックス、1977年)の中でこう書かれている。

「シアトルでは、移民局で移民官が夫たるべき者と妻たるべき者の身元を調べた上、差し支えないと認めた者は上陸させたが、その際、夫は証人1名を伴ってシアトル市のキング郡裁判所に出頭しなければならなかった。そして2ドル50セントの手数料を納めて婚姻許可書を得た上、再び移民局に出頭し、キリスト教会の牧師か本願寺出張所の開教師の司式のもとに結婚式を挙げ、始めて正式の夫婦と認められて上陸を許可されたのである。

またハワイでも「写真花嫁」が着くと、アメリカ移民局で花婿花嫁が移民官の立合いの下に対面し、挙手の宣誓をして新婦は上陸を許可された。このような結婚は 「波止場結婚」(ウォーフ・マリッジ)と呼ばれていた。」

 しかし、この「写真結婚」は1919(大正8)年に禁止された。これで一世たちが結婚するためには日本へ一時帰国して結婚し、再渡米するという方法を取るしかなくなった。

 しかしこの方法も、5年後の1924(大正13)年には、「排日移民法」が施行されて不可能となった。この移民法で日本からの移民は完全に禁止されたので、「呼び寄せ」もできなくなった。

参考文献
北村崇朗著 『一世としてアメリカに生きて』 草書房 1992年
黒川省三著 『アメリカの日系人』 教育社 1979年
鶴谷寿著 『アメリカ西部開拓と日本人』 NHKブックス 1977年
粂井輝子著 『外国人をめぐる社会史 近代アメリカと日本人移民』 雄山閣 1995年

Copyright (C) 2000-2009 Abetomo All Rights Reserved.