AbetomoWorks

12.ペット可賃貸は本当に少ない!

 11月3日。「ISIZE住宅情報」で見つけたM台駅徒歩3分・3DKの物件を、F不動産に問い合わせた。例の家賃10%増しの物件と酷似しているのでその点も聞いてみたが、これは割り増し家賃ではなく仲介会社も別のところだった。猫か小型犬ならOKとのこと。動物の種類よりも大きさ・体重に制限があるらしい。

 この物件は動き始めているとのことで、また夜電話をもらうことにした。で、約束の時間をだいぶ過ぎてから、担当の女性から電話があった。まだこの物件が確定かどうか不明なので、明日の朝10時にまた電話しますとのことだった。

 11月4日。F不動産から電話があり、やはり物件は決まってしまったとのこと。が、他にも物件を探しておくというので、あとで訪ねることになった。約束の時間にはまだだいぶあったので、その前に近くのA不動産へ行ってみることにした。


何かしゃべりだしそうな表情。お好きなセリフを当てはめて、お楽しみください。我が家では、「謀ったな、ニャア(シャア)!」がはやりました。

 大手A不動産では、店長代理の女性が応対してくれた。最初からペット可というのはないそうで、いくつかオーナーさんに交渉してくれた。それで最初に紹介されたのは、なんとHorkaさんちのマンションのま上の部屋だった。

 Horkaさんは、私の元同僚で、JKとは今も同じ部署で働いている人である。しかも、同じ町内に住んでいる。このマンションなら何度も行ったことがあるのでよく知っていたが、なにも同じマンションに住むこともなかろうというわけで、お断りした。

 それで結局、M台駅から徒歩5分の古いマンションと、同じくM台駅から徒歩15分のマンションを見学した。徒歩5分のほうは、駅から近いし駐車場も敷地内だし家賃10万円で安いが、日当たりが悪かった。室内飼いの猫は、ひなたぼっこできるよう日当たりの良さが必須だと聞いていたので、これは却下だった。

 徒歩15分のほうは、1階部分に大家さんの住居と大家さんが経営するお花屋さんがあった。ここは3LDKでベランダも広いし、キレイでオートロックまでついていた。大家さんもいい人そうだった。日当たりも良くてかなり気に入ったが、駐車場代と家賃で16万円と高かった。駅から15分も歩くというのに、家賃が上がるとは何事か。


 がっかりする間もなくS駅のF不動産へ。しかし約束の時間をとうに過ぎても担当の女性は出先から戻って来ず、結局1時間近く待たされてしまった。どうも時間も仕事もルーズな人らしい。しかも出してもらった物件はろくなのがなかった。それでも、その中ではまともな2件を案内してもらった。

 ひとつはS駅から徒歩15分で昭和60年築の分譲賃貸。築年数以上に古くさい外観だった。そのうえ国道246の目の前で、この前C不動産のKさんと行ったマンションよりも騒音がひどかった。もうひとつは、K谷駅徒歩10分のマンション。しかし62uもあるとは思えないくらい狭く感じるヘンな間取りで、ここもベランダ側がバス通りに面していた。やっぱり洗濯物は干せない。

 こんな物件しかないのか?この不動産屋の担当女性の印象がかなり悪かったこともあり、なんだか悲しくなってきた。

 やっぱり、マンションで猫を飼おうなんて間違ってるのかなあ?と弱気になってしまう。でもJKは、「これぐらいのことであきらめるのはまだ早い」「きっと見つかると思うよ」と言ってくれた。


 11月7日。某大手C不動産のWebサイトでA野駅徒歩7分の物件を見つけたので、問い合わせメールを出した。夜、帰ると返事がきていて、こちらの条件をもっと詳しく教えてほしいとのこと。でも住所からみてこの物件は東名の近くらしいので、騒音とか排気とかの問題があるかもしれないと想像がついた。その後電話でもやり取りし、郵送で間取り図を送ってもらうことにした。ほかにも情報をくれるというので楽しみだった。

 11月9日。ナナンは窓を開けておけばだまって寝るようになった。この日は1時間半ぐらいいた。記録更新だ。

こんな崩れた格好で寝るまでになってしまった

 11月10日。某大手C不動産から郵便がきたが、ペット可ではない物件を送ってきたえ、肝心のA野の物件が入っていなかった。電話をすると、なんとA野の物件はもう決まってしまったという。こちらは真剣だというのに・・・。さすが大手は横柄だな、と思って腹が立った。もう一度ペット可物件を送ってくれるというが、もう期待しないでおこうと思った。

 この頃ナナンは、寒いせいかだんだん部屋の中にいる時間が長くなってきた。といっても何時間もいないのだけど、うちの中でゴハンを食べ、しばらく寝てから帰っていくというパターンになっていた。


 A不動産の担当者が、ふつうの物件をペット可にしてくれるよう交渉していたのが気になったので、きんちゃん先輩に「ペット可物件って交渉してもらうもの?」と再びメールで聞いてみた。

 やっぱりペット可が少ない場合は交渉することもあるらしく、先輩が探していたときもそういうことがあったそうだ。また、ペット可の場合は何らかの「特約事項」が付くことが多く、実際先輩も「(部屋を)傷つけた分はすべて弁済する旨」を取り交わしているそうだ。そういった「特約」で注意すべき点も教えてもらった。

 先輩とのやり取りから、交渉してペット可にしてもらうこともあるとわかったし、もともとペット可の物件で条件が良いものはなさそうだし、それならもうHorkaさんちの上でいいじゃん、と思った。知ってる人が住んでいるということは逆に頼もしいし、駐車場も付いてて家賃もそこそこ、駅から少し遠くなるが最寄り駅自体は変わらないし、道路沿いじゃないし条件も悪くないのだから。

 でもJKは、まだ妥協するのは早いと言う。本当はペット可じゃないということは、そのマンションで動物を飼うのは自分たちだけになるわけで、それって鳴き声の問題とかいろいろ心配じゃない?というわけだ。


 11月12日。大手C不動産が情報を送ってきた。でも、Kさんと一緒に見たS駅徒歩6分の物件と、F不動産の人(時間にルーズな女性)と見に行ったK谷駅徒歩10分の物件、あとは高すぎるの1件と狭すぎるの1件と全部で4件しかなかった。やはりこの地域でペット可を探そうとしたら、今のところ同じ物件しかないのかもしれない。

 11月13日。「ISIZE住宅情報」にF丘駅徒歩5分・3LDK・62u・築30年というマンションが出てきた。気になったが、F丘駅は横浜市だしちょっと遠いなあと躊躇した。

これが、トラ。フラッシュで目が光った写真しか撮れなかったのが残念。

 11月15日。トラが久しぶりにベランダに現れた。ナナンがいないときだったので、今度はじっくり観察した。近づくと少し離れるが、完全に逃げてしまわず微妙な距離をとる。ナナンと違ってひとことも鳴かず、こちらをじっと見たり、座ったまま居眠りしていた。本当に堂々としていて威厳さえ感じる。トラは、顔は大きいがなかなかハンサムで、JKは「貴乃花に似てる」と言った。

 11月16日。M口の大手R不動産へ行ってみた。カウンターはみなお客さんで埋まっていたので、店内をしばらくうろうろ。しかし店員が誰も接客に来ない。JKは怒り、帰ることにした。ペット不可の情報を送ってきたC不動産といい、どうもマンション販売も手がけるような大手の印象は悪くなる一方だった。

Copyright (C) 2000-2009 Abetomo All Rights Reserved.