2005年6月4日

タイガー&ドラゴン「出来心」

category: タイガー&ドラゴン — abetomo @ 14:44:25

今回は久しぶりに「予習」なしでの視聴(読む時間がなかった)。でも全然問題なかった。「出来心」をキーワードにして、元ネタの噺に沿ったストーリー展開をしていたし、サゲもしっかり描いていたので、意味が分からないということはなかった。しかもサゲが2パターンあることをうまく使っていたと思う。

だけど劇中劇に出てきた“ふんどし長屋”だけは、本当に元ネタに出てくるの?と思ってしまった。今までのパターンからすると、劇中劇は元の噺の内容をちゃんと描いているはずなので(「孔子のいえ」とかサダヲ猫とか、演出的に可笑しいものはあるけど)、きっと本当なんだろう。だとすると、アレは衆道ってこと??そういう雰囲気に見えたんだけど・・・。

  • 「なんで消しちゃうんですか」
    「見てたのにぃ」

    虎児がかぶりついて見てるのはともかく、日向さんまで!前回の「もん」に続いて、意外な一面。

  • 銀次郎はニート君だったのか。
  • 心を入れ替えてヤクザ業に専念って可笑しくねーか。
  • 銀次郎を叱る虎児の後席移動がすげー。
  • 竜二が落語に戻ったらドラゴンソーダはどうするんだろうって私も思ってた。リサにやらせるつもりなんだ~。
  • 前座の前に見習いがあるんだ?じゃあなんで虎児はすぐ前座になれたの?やっぱり怖かったから?
  • 「ずーっと下」って合唱に子供の声が混じってたんだけど、あれは沙耶ちゃん?
  • 地震かと思ったら、虎児かよ!凄い顔だなー。
  • ドラゴンソーダの服着てる人初めて見たよっ!しかも全身ドラゴンソーダ!
  • 西田敏行の噺家っぷりもずいぶん板についてきたよね。まくらだけでもすでにおもしろいっていうのは、なかなか大したものだと。
  • おお、劇中劇に鶴瓶登場。まんま親分と子分の関係じゃん。
  • 現実の銀次郎から劇中劇の泥棒へ場面が移行する演出がおもしろいな。
    銀次郎がふんどしパブの扉を開けたら、劇中劇のふんどし長屋に切り替わるのも、うまいね!
  • 長瀬、色白いなー!
  • なんか、ちょっと見ていて恥ずかしくなるような皆のふんどし姿ですなあ。おしり丸出しだし!
  • ゴールド&シルバー!つうか金さん銀さん!
  • ばかうけ盗られたって騒ぐチンピラにウケた~。
  • 銀次郎の着メロはマツケンサンバⅡか!
  • 金子くんはいつもそのドラゴンソーダの服着てるのかい?最初に銀次郎と会ったのとは別の日だよねえ。
  • 押入れの上段を舞台に、虎児・メグミの前で落語をする竜二。なんか、岡田准一の演技もだんだん落語っぽくなってきてないか?表情とかすごく上手いと思った。というか、こういう長屋の大家と住人のとんちんかんな掛け合いみたいなもののほうが、合ってるのかも。
  • 「なんだこの部屋!銭型金太郎でも見たことないぞ」
    爆笑!
  • どん太のダンカン、似てる~。
  • 組長と師匠のコンビ名が中谷中!わはは、「権助提灯」のときの手紙は、この伏線だったの?
    「おぎやはぎみたいな名前だな」って確かに!
  • 中谷中のコント、普通におもしろいよ。しかし30年前って何歳のとき?西田敏行と鶴瓶本人が演じてるのって無理があるぞ。でもこの2人がやるからおもしろいんだけどね。
  • 師匠のちょっといい話。
    「高座に上がってるのは、謙ちゃんの代わりに上がってるんだ、そのぐらいの気持ちで上がんなきゃだめだよ」
    これって、なんか後々の伏線になりそうな予感。
  • リサに殴られ蹴られる銀次郎、弱すぎ!とてもヤクザにはなれそうにないなあ。
  • 「バカだし、髪型ヘンだし」
    リサも銀次郎の髪型はヘンだと思っていたことが判明。
  • お、今日は小虎の登場が早いな。と思ったら、ジャンプかよ!また小虎のコスプレしてる~、騙されたあ。
  • 「お前の代わりはいないんだよ」と小百合ちゃんに言われた虎児が見たのは・・・組長!そうか、代わりはここにいたよ。
  • 「洗濯バサミとアツアツのおでん」を使ってどん太は何をするつもりだったの?
  • し、師匠が歌ってる~。しかも「フランシーヌの場合は」だよ。昭和のタイガー&ドラゴンの続きかい。
  • 「しゃーないなあ」と言って組長がかけかえたメガネは、30年前の中谷中コントのときかけていたメガネだね。「ヤクザの組長」と「堅気の芸人」の切り替えが、このメガネっていうわけね。
  • おお~、ついに組長が高座に上がった!鶴瓶にまくらだけやらせるなんて、ある意味贅沢だな。あれって、アドリブなのかな?(クドカンの脚本に、「あとはよろしく」って書いてあったらしい)
  • 「タイガー、タイガー、眠タイガー」
    あれ?ウケない。と思ったら竜二だけウケてた。
  • 日向さん、木刀でテレビを真っ二つに割ったよ!斬鉄剣ですか?
  • 「裏は花色木綿」
    うまい!だけど、これ元ネタ知らないお客さんには分かりにくいねえ。
  • ようやく小虎の高座を見た竜二。ついに復帰を決意か?
  • ヤスオ再登場~!また出てくるとは思わなかった。なんだか良からぬ気配だな。

次回は「粗忽長屋」ですか。「落語百選 冬」に収録されてます。
ヤスオ再登場で、なんだか虎児の行く末に重要な展開をもたらしそうな予感。

1 件のコメント

  1. タイガー&ドラゴン 出来心

    いやはや、なんとも。(むかしそんなタイトルのマンガがあったっけ・・・)
    昨日は昼間はゴルフ接待。夜はど〜〜〜しても外せない取引先との会食があって、「T&G」は録画していま見ました。

    いいね〜〜〜。{/face_suki/}

    今回は「出来心」。
    落語としては「花色木綿」というキーワードでお馴染みの噺ですが、クドカンがどう料理するのか楽しみでした。
    今回は銀次郎(塚本高史)と流星会の組長(笑福亭鶴瓶)さんが�…

    トラックバック by すりこ木日記 — 2005年6月11日 @ 12:44:47

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

Copyright 2004-2009 abetomo, All rights reserved.
Powered by WordPress 2.6.2