2005年5月23日

タイガー&ドラゴン「明烏」

category: タイガー&ドラゴン — abetomo @ 0:01:00

今回は下ネタ全開だったなあ。元が吉原ネタなので、まあそうなってもおかしくはないけど、サダヲのはじけっぷりがすごくてビックリしちゃったよ。

「明烏」の若旦那がどん吉になっていたわけだけど、堅くて女っ気がない理由をマザコンと姉3人のせいにしたのが現代的でおもしろかった。このどん吉の設定って、「明烏」を使おうと決めた時点で肉付けされたのかなあ、それとも40歳で独身という基本設定が先にあって、そこへ「明烏」を当てはめてるのかなあ。

他の噺にしてもそうなんだけど、毎回毎回ドラマの基本ストーリーに合ったネタをよく持ってくるもんだと感心するよ。

  • 「まくら」が薬師丸ひろ子だよ!まだ1回も登場していない人物がいきなり高座へ出てくるなんて!まったく毎度毎度素直に驚いちゃうよ。ちなみに出囃子が「セーラー服と機関銃」で、笑った。
  • おこめ券!爆笑~。「偽造じゃないよ」がさりげなくおもしろい。
  • 「泣いてるの?」「泣いてないよぉ」
  • OH!喜利喜利ボーイズに不満そうだったくせに、辰夫ったら寄席で爆笑してるじゃん。
  • 山崎君てのは、山田君のパクリだよね。
  • 「あ、ヤミ金でもよかったな」
    ぶっ
  • 「さびしんぼう」って大林宣彦の映画だっけ?「ぼくの魔法使い」でもこのレンタルビデオネタあったな。クドカン、大林作品好きなのか?
  • どん吉一家、みんなメガネだよ!わはは。
    しかし姉ちゃんたち圧巻だな~。うう、こんな姉3人いたら女性不信になるかもねえ。
  • キャバ嬢(ランパブ嬢?)のひざまくらで寝るうどんがカワイイぞ。
  • 「しょうがないねえ」とハモる辰夫・虎児。きれいに決まったねえ。
  • 逆ナンパーマン!これ本当に街頭ロケやったんだ~、よくやったなあ。
  • 劇中劇の西田さんの女装、久しぶり。しかしやっぱりキビシイ。白塗りすぎだし。おとっつぁんはおでん屋半蔵か、この人劇中劇は初登場か?もしかして。
  • 源兵衛・多助がそのまま谷中兄弟なのね。今回も基本的には「明烏」の筋そのままだな。
  • 「どう?どう?道路公団」
    おお、竜二までギャグを言うように!ちょっとおもしろかった。
  • 昇太さんて結構演技うまいよね。駄々をこねる若旦那の仕草とかイケてたよ。
  • リサは「元ブス」と「ブス」をちゃんと聞き分けてるのね。
  • 「俺、兄貴の弟で良かった」って普通に聞いたらいいセリフだよな。この状況ではおかしくてたまらないけど。「走ってきていいか」という竜二の喜びようったら。
  • 選抜メンバーと言われて喜ぶうどんがかわいい。
  • 「だあよ」を連発する谷中兄弟。これ、何か元ネタがあるのかな?
  • 今日は鶴子がどん太のヅラを取った!爆笑~。
  • そして今日の「泣いてます」役は沙耶ちゃんだ~。大泣きしてるものの、一瞬目を開けて「まだ泣くの?」といわんばかりに伺ってる沙耶ちゃんに笑った。
  • 虎児のコスプレをした良々、けっこう足長いんだなー。
  • 伊豆でメグミと落ち合う場面、良々以外の男たちがみんな小さくておっかしい~!メグミが大きいから、よけい小さく見える。しかも背丈が同じくらいっていうのがまたいいね。もしかして、だからどんぶり、どんつくは誘われなかったのか?
  • 竜二に声かけられた克子さん、一体何を撮ろうとしていたの??
  • 小虎の出囃子は「仁義なき戦い」だそうですね。映画見たことないから知らなかったよ
  • 「タイガータイガーありがタイガー」
    おお、新ネタだ!
  • 「明烏だね」
    「おい今頃気がついたのかよ」
    虎児と辰夫の掛け合いって、いい感じになってきたよね。粋だよ。
  • 「おいおい、芸風変わってねえか」
    「変わってない」
  • 「うどんです」
    「かーわいいー」
    「名前しか言ってねえのに」
    得だよなー、うどんてば。
     
    「何うどん?」
    「焼きうどんです」
    なんだそりゃ!
  • 「どうでもいいや」と言いつつ「OH!喜利喜利」のポーズを取るどん吉。
  • 克子の勤め先がなんで甘納豆屋さん?と思ったけど、そうか、「明烏」には甘納豆が出てくるんだったね。なるほどなるほど。
  • そば屋での虎児と銀次郎。
    「だからよ、俺みたいになりてえなんて言うな。俺はもういんだから」
    っていいせりふだね。
  • なぜかそば屋にいる師匠。その場で「明烏」の続きを始めるなんて、粋だねえ。でもよく見たらパジャマだ。
  • 「人から愛される立派な取り立て屋になりなさい」
    って師匠、そんなヤツいないって。いい話してるんだけど、笑えるよ。
  • 「考えていい?」「平気」
    早いなオイ!
  • 克子の前で「明烏」を披露するどん吉。そこへ、師匠がそば屋で「明烏」を演じる場面が重なってきてサゲを言う。なるほどねえ。そういえば、どん吉の落語がまともに出てきたのは初めてだね。
  • 師匠が舌ベロベロ!
  • どん吉・克子の部屋に飛び込んだ男たち。よく見たら谷中兄弟とうどんがちゃんと甘納豆食べてるよ。ウケる~。さりげないので、見逃すところだった。
  • 借金取り立てシーンがダブルになってるよ!爆笑~。なんで銀次郎までお金出してるの?
  • おお~、ついに師匠が封筒用意してきた!でも「もっとまともな封筒用意しろよコノヤロウ」て突っ込まれてますが。
  • 「おかしくねー?これおかしくねーすかアニキ。おれ別に落語習ってねえし」
    って可笑しいよギンギン!

次回は「猫の皿」か。あー、これ手元にある本には載ってないや。別で探さないと。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

Copyright 2004-2009 abetomo, All rights reserved.
Powered by WordPress 2.6.2